豊かな森づくりと低炭素社会の実現に貢献する 前橋バイオマス発電株式会社

バイオマス発電とは

バイオマス発電とはバイオマス発電とは、生物由来のエネルギー源を使った、発電システムのことです。本発電所では、間伐材等を燃料として使用する木質バイオマス発電を行います。この発電では燃焼時にCO2を発生しますが、燃料である間伐材等の木材は光合成によりCO2を吸収してきたものであるためサイクルとしてCO2排出がゼロになる「カーボンニュートラル」なシステムとして地球温暖化対策の上でも評価されています。
国内でも設置件数が増えてきており、固定価格買取制度導入後、風力発電に次いで多い再生可能エネルギー発電設備として平成27年3月時点で200万kW以上認定されています。

PAGE TOP